近鉄八尾駅(八尾市)の整体院

ボディ・バランスRAKURAKU

〒581-0802 大阪府八尾市北本町2-9-16 北本町ビル102
(近鉄大阪線八尾駅西口から徒歩約3分)

お問合せ・ご予約はこちらから

072-996-0909
受付時間
10:00~13:00/14:30~19:30
木曜日のみ21:00迄受付
休業日
火曜日(日曜日及び祝日は要確認)
足(インソール・靴)から体を改善する整体院ボディ・バランスRAKURAKU(八尾市)

巻き爪の症状

巻き爪とは?

足の指にある爪の両端の先端部が強く内側に湾曲した状態の事を言います。巻き爪になるのは負担のかかりやすい親指の爪であることが多いですが、その他の指の爪も巻き爪になることがあります。曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿してしまい、歩くことが出来なくなる場合もあります。

当院の巻き爪補正方法

目立たずきれいな仕上がり

  ペディグラステクノロジー

特許取得の痛くない巻き爪補正

日本で生まれた信頼性の高い技術

●痛くない

●美しく仕上がる

●ほぼすべての巻き爪対応

 

 

巻き爪矯正ってこんな感じでやります(動画)

巻き爪の原因

巻き爪になる原因は次の5つの理由が挙げられます。

①遺伝

人の爪の形は遺伝します。したがって巻き爪は遺伝すると思われがちですが、現実は少し意味合いが異なるようです。何故なら親も生まれた時は巻き爪ではないからです。というより生まれつき巻き爪の人はほとんどいません。しかし、爪の硬さや厚みによっては、巻き爪になりやすい人はは存在します。つまり、巻き爪が遺伝するのではなく、巻き爪になりやすが遺伝するわけです。

②加齢

加齢が原因で巻き爪になることがあります。これは高齢者になるにしたがって身体の水分が失われ乾燥していくのと、爪自体が加齢によって分厚くなることが原因です。爪が分厚くなって水分がいき渡りにくくなり、さらに爪が乾燥することによって爪が縮んで巻き爪になります。

③爪の切り方

いつも爪を切る時に、「どのような形で」「どれくらいの長さ」で爪を切るか考えていますか?爪の切り方と巻き爪は深い関係があります。爪の切り方を改善するだけで巻き爪は緩和する可能性があります。

④靴

普段履いている靴でも巻き爪には影響しています。「ハイヒールなどの先の細い靴」や「自分のサイズに合わない小さい靴、大きい靴」を履き続けると巻き爪になる可能性がグッと高くなります。女性や子供に巻き爪が多いのはこういう理由が考えられます。

⑤運動

運動やスポーツでも巻き爪になることがあります。その原因のひとつが「運動不足」です。例えば寝たきりの高齢者や普段あまり歩かない人に巻き爪になりやすい事が解っています。そして、「激しいスポーツ」をしている人。特にダッシュ&ストップを激しく繰り返すスポーツやサッカーなど爪のケガをしやすいスポーツをしている人になります。

巻き爪の種類

靴のサイズが合っていない

ハイヒールはほどほどに!

正しい爪切り

巻き爪の予防

巻き爪を予防するには?

①足にFITしたシューズを履く

巻き爪を予防する為に最も重要なポイントは「足にFITしたシューズを履く事」です。小さすぎるシューズは論外ですが、大きすぎるシューズも歩く際に足の親趾が動きすぎて、靴と親趾が接触して結果、巻き爪になる事が多いです。一般的に、指先の余裕は実際の足のサイズからつま先の余裕が5~10mmが最適です。自分の足型や土踏まずがきちんと合っていたとしても、靴紐の場合はしっかりと紐を結んでおくことが絶対です。紐が緩いと、大きな靴を選んでしまった場合、同様に靴の中で足が動いてしまい、巻き爪の原因になります。

靴を選ぶときは必ず、左右両方履いて、少し歩いたりするなどして、時間をかけて慎重に選ぶことをおすすめします。

②ハイヒールはほどほどに

本来、シューズは足の保護を目的とする為のものです。ハイヒールなどのファッション性を追求したシューズもありますが、足の保護や歩く為と言った、シューズ本来の目的には合致していません。しかし、ハイヒールを履いてはダメというわけではありませんが、時間と状況を限定して、なるべく履く時間を短くすることが大切です。また、ヒールの高さも出来れば5cm以内が理想です。特に10cm以上のハイヒールは体の不調の原因を引き起こす事になりますので要注意です。

③正しい爪切りを心掛ける

「爪を切りすぎること」を深爪と言います。適切な爪切りとはどうすればよいのでしょうか?

白い部分を全て切ってしまうと切りすぎ、爪のカーブにピッタリ合わせて切ってしまうと、深爪になります。適切な爪切りは、爪の先端が約1mm残るくらいにして、先端を四角くきる「スクエアカット」が正しい爪切りです。

 

鬼塚法

フェノール法

ワイヤー矯正

プレート矯正

巻き爪の治療法

巻き爪の治療法は?

巻き爪の治療法には、「手術療法」と「保存療法」があります。

手術療法

巻き爪の変形の原因は爪母にあり、変形した爪が生えてくる爪母をなくしてしまえば、変形した爪は生えてこない」と言う考え方に基づいて行われる治療法です。

爪母の部分をメスで切り取る「鬼塚法」や巻き込んだ爪のみを切除して、フェノールを染み込ませた綿棒で爪母を焼き殺してしまう「フェノール法」がある。

保存療法

「コットンパッキング」と「矯正療法」があります。

軽度の巻き爪であれば、巻き爪を起こした爪の両側の端と、その下の皮膚の間にコットンを小さく丸めて挿入します。ある程度の痛みは緩和されますが、かなり軽度の症状に限られます。

プラスティックのプレートや金属製のバネ、形状記憶合金のワイヤーなどを使用する矯正法。ワイヤーは、爪の先の両端の白い部分に穴をあけた後、ワイヤーを通します。装着自体は数分で完了します。ほとんどの巻き爪に対応可能ですが、深爪をした直後はワイヤーを挿入するスペースがなくなってしまう為矯正は出来ません。

プレートの装着は、爪に直接貼り付けるという方法です。この方法だと深爪の場合でも矯正可能ですので、総合的に考えるとプレートを使用した治療法が効果的と言えます。

治療法としては、まず巻き爪になった場合はこの保存療法の矯正治療が効果的であると、最近では、医師も勧めています。

巻き爪になりやすい人は?

巻き爪になりやすい人は?

  

巻き爪になりやすい人は?

下記内容で多く当てはまる人は巻き爪になる可能性が高い。

●靴は少々きつくてもサイズよりデザイン性を優先する

●毎日ハイヒールを履く

●爪は深く切る習慣がある

●爪が薄くて柔らかい

以上、皆さんはいくつ当てはまりますか?

巻き爪矯正効果実例【Before&After】

施術3回でも曲がっていた爪も、ほぼフラットな状態にまで改善しました。

 

10代男性。足首が硬く、足の趾が日常から曲がっている状態とつま先体重の為巻き爪になりやすい。

60代女性。過去に病院でワイヤーでの矯正したが再発して痛みはあったが放置していた。矯正後は痛みもなく快適に歩けている状態。

※但し、矯正効果には個人差がありますのでご了承ください。

80代女性。施術前は爪の角度が90度あったものが、4回目の施術後では50~60度まで改善しました。年齢なんて関係ありませんよ!

30代女性。以前から気になっていたが、痛みもなくどこに行ってよいか解らずで放置していた。

巻き爪矯正ってこんな感じでやります(動画)

その他メニューのご紹介

お問合せ/ご予約はこちら

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

072-996-0909

受付時間:10:00~13:00/14:30~19:30(木曜日のみ21:00迄受付)
定休日:火曜日(日曜日及び祝日は要確認)

友だち追加

院長プロフィール

山下洋一
資格
  • 日本メディカルカイロプラクティック医療協会認定カイロプラクター
  • プライマリーウォーキング指導者協会認定指導員
  • 日本コアコンディショニング協会認定 ベーシックインストラクター
  • ジャパン・インソール・ラボ(JIL)認定会員(インソール技術者)
  • シダス社コンフォマーブルベーシック認定技術者(インソール技術者) 

ボディ・バランス
RAKURAKUのご案内

072-996-0909

〒581-0802
大阪府八尾市北本町2-9-16 北本町ビル102

近鉄大阪線八尾駅から西口から徒歩約3分